メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

東日本選手権 五輪へ村上前進

村上

 フィギュアスケートの東日本選手権最終日は29日、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナで行われ、男子フリーで2014年NHK杯優勝の村上大介(陽進堂)が4回転サルコウやトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを降り、28日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位で147・99点、合計230・16点で優勝した。佐藤洸彬(ひろあき)=岩手大=が合計213・19点で2位。

 日本男子の平昌五輪出場枠は3。14年ソチ五輪の王者・羽生結弦(ANA)、昨季世界選手権2位の宇野昌…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです