メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建設業界

工具や作業服おしゃれに 担い手不足解消に期待

リョービの充電式インパクトドライバー「BID-10XR」=リョービ提供

 深刻な人手不足の建設現場にデザイン性の優れた工具や作業服が登場し、業界のイメージアップに一役買っている。名車「フェラーリ」をデザインしたことがある工業デザイナーが手掛けた工具もその一つだ。「おしゃれで、かっこいい」は建設業界の救世主となるか--。【酒井祥宏】

 電動工具などを製造販売する「リョービ」(広島県府中市)。充電式インパクトドライバー「BID-10XR」を今春発売した。工業デザイナー、奥山清行さんの事務所がデザインを担当。奥山さんはフェラーリのほか、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」のデザインなどで世界的にも知られ、ドライバーは「近未来の工具」を感じさせるデザインが特徴だ。

 親指だけでネジ締め強度を変更できるボタンなどを備え、希望小売価格は7万1000円(税抜き)。同じク…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです