メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建設業界

工具や作業服おしゃれに 担い手不足解消に期待

リョービの充電式インパクトドライバー「BID-10XR」=リョービ提供

 深刻な人手不足の建設現場にデザイン性の優れた工具や作業服が登場し、業界のイメージアップに一役買っている。名車「フェラーリ」をデザインしたことがある工業デザイナーが手掛けた工具もその一つだ。「おしゃれで、かっこいい」は建設業界の救世主となるか--。【酒井祥宏】

 電動工具などを製造販売する「リョービ」(広島県府中市)。充電式インパクトドライバー「BID-10XR」を今春発売した。工業デザイナー、奥山清行さんの事務所がデザインを担当。奥山さんはフェラーリのほか、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」のデザインなどで世界的にも知られ、ドライバーは「近未来の工具」を感じさせるデザインが特徴だ。

 親指だけでネジ締め強度を変更できるボタンなどを備え、希望小売価格は7万1000円(税抜き)。同じクラスのドライバーより数千円高いが、小売店からの評判は上々といい、同社担当者は「建設業の魅力を向上させ、人材確保の力になりたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです