自賠責

6100億円未返還 財務省、一般会計に20年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自賠責保険の運用益の繰り戻しを訴える「考える会」の福田弥夫座長(左から3人目)や桑山雄次さん(同2人目)=東京都港区で2017年9月、江刺正嘉撮影
自賠責保険の運用益の繰り戻しを訴える「考える会」の福田弥夫座長(左から3人目)や桑山雄次さん(同2人目)=東京都港区で2017年9月、江刺正嘉撮影

 交通事故の被害者対策の財源として国の特別会計に計上されていた自動車損害賠償責任(自賠責)保険の運用益約1兆1200億円が、「国の財政難」を理由に20年以上前に一般会計に繰り入れられ、今も約6100億円が特別会計に戻されていない。このまま「返済」が滞れば、特別会計に残った財源も十数年で底を突く恐れがあり、被害者らは団体を結成し、返済を求めることを決めた。【江刺正嘉】

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1814文字)

あわせて読みたい

注目の特集