競馬

天皇賞、キタサンブラック春秋連覇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 29日、東京競馬場(芝2000メートル)で18頭が出走して行われ、歌手の北島三郎さんがオーナーで、1番人気のキタサンブラック(武豊騎乗)が2分8秒3で優勝した。史上5頭目となる同一年の天皇賞春秋連覇でG16勝目。春秋合わせて天皇賞3勝はテイエムオペラオー以来、史上2頭目。

 キタサンブラックは1着賞金1億5000万円を獲得。JRAの競走での獲得賞金額は14億9796万1000円となり、ディープインパクトを抜き、歴代2位となった。1位はテイエムオペラオーの18億3518万9000円。

 武豊はこのレース6勝目で、天皇賞は14勝目(春8勝)。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文907文字)

あわせて読みたい

ニュース特集