メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

天皇賞、キタサンブラック春秋連覇

 29日、東京競馬場(芝2000メートル)で18頭が出走して行われ、歌手の北島三郎さんがオーナーで、1番人気のキタサンブラック(武豊騎乗)が2分8秒3で優勝した。史上5頭目となる同一年の天皇賞春秋連覇でG16勝目。春秋合わせて天皇賞3勝はテイエムオペラオー以来、史上2頭目。

 キタサンブラックは1着賞金1億5000万円を獲得。JRAの競走での獲得賞金額は14億9796万1000円となり、ディープインパクトを抜き、歴代2位となった。1位はテイエムオペラオーの18億3518万9000円。

 武豊はこのレース6勝目で、天皇賞は14勝目(春8勝)。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです