メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

バリシニコフ 芸術が人生豊かに 世界文化賞受賞で来日

=丸山博撮影

 超人的な技巧と存在感でバレエの歴史を塗り替えたミハイル・バリシニコフが、第29回高松宮殿下記念世界文化賞(日本美術協会主催)の演劇・映像部門受賞者として来日した。「ミーシャ」の愛称で一世を風靡(ふうび)したスーパースターも69歳。記者会見では「常に内なる恐怖に打ち勝ち、何かを成し遂げようとしてきた。これが私の人生」と、来し方を振り返った。そして「不正義や残虐さと闘う人々がいる。この危うい時代に我々は最前線に立ち、正しい時に正しい言葉で世界の耳目を引かねばならない」と、芸術家の責任を語った。

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです