メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中筋さん写真展

原発被災、見つめ続けて 福島とチェルノブイリ 事故後の町、歩く感覚 金沢・21美 /石川

福島第1原発事故後の町並みを撮った作品を展示するボランティア。作品は、上の列から福島県浪江町、双葉町、大熊町。向かい側の壁にはウクライナのチェルノブイリ近郊を撮った作品を展示している=金沢市広坂1の金沢21世紀美術館で、久木田照子撮影

 原発事故後の福島県と、ウクライナのチェルノブイリ周辺を撮り続ける写真家、中筋純さん(51)=東京都=の写真展「流転 福島&チェルノブイリ」が31日、金沢市広坂1の金沢21世紀美術館市民ギャラリーで始まる。中筋さんは「原発は各地にあり、エネルギー問題は全ての人に関わる。事故は福島限定でなく、自らの問題と考えてもらえたら」と話す。【久木田照子】

 会場には、1986年のチェルノブイリ原発事故と、2011年の東京電力福島第1原発事故の被災地の写真…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文672文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです