メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/9 スイス林業に学ぶ/3 現場が身近なベルン市民 /奈良

 8月27日、9人の林業関係者がスイスの首都ベルンに到着した。約2週間、スイス林業をみっちり学ぶためだ。

 奈良県は、ここ数年スイス人のフォレスターや実習生を招いてきたが、一方で奈良からもスイスに人を送っている。

 今回は、ベルン応用科学大学でスイス人学生とともに林業の集中講義を受けてきた。

 「授業は全部英語。だから内容を完全に理解できたか、我ながら疑問ですね」と苦笑するのは、参加した一人、宇陀市森林組合の中森政由貴さん(42)だ。

 もっとも座学だけでなく、各地の山を訪ねて技術を学んでいる。現場をじかに見ることは大きい。いろいろな…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです