連載

患者塾

体の不調やさまざまな病気について、福岡県内の開業医が解説や対処のアドバイスをします。

連載一覧

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき 「尋ね上手な患者」になって /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 22日の衆院選では実にさまざまなことが話題になりました。最初に関心が集まったのは希望の党の登場でしたが、小池百合子さんの失言から一気に求心力をなくしてしまいました。立憲民主党は好意的にとらえる人も多く飛躍的に議席を伸ばす結果になりました。安倍晋三首相の街頭演説の進め方にも注目が集まりましたよね。街頭演説の場所をあらかじめ告知しないようにしたんですね。さまざまな反響があったようでツイッター上でも激論が展開されていました。「ハゲー!」で一躍話題になった女性議員や、週刊誌に男性関係を報じられたもう一人の女性議員のその後の振る舞いと当落にも関心が集まりました。

 私は、こうした話題や目線とはちょっと違った角度で今回の選挙を眺めていました。キーワードは「フェイク」。日本語でいうと「偽」という意味になります。米国のトランプ大統領がCNNの報道を「フェイクニュース」と呼んでから日本でもなじみのある表現になったようです。大きな権力を持った人が自分に不都合な報道を一方的に「フェイクニュース」と呼ぶことにも注意が必要ですが、逆に新聞やラジオやテレビなどのマスメディア…

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文2151文字)

あわせて読みたい

注目の特集