立憲民主党

衆院副議長に赤松氏方針 旧民主時代も2年間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党は30日の執行役員会で、11月1日召集の特別国会で選出される新たな衆院副議長に赤松広隆・元衆院副議長(69)を推す方針を決め、30日の衆院各派協議会で提案した。与党は衆院議長に大島理森・前衆院議長(71)の続投を提示した。副議長は野党第1党から出すことが慣例となっており、衆院本会議で選出…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

あわせて読みたい

注目の特集