メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

アマゾン第2本社誘致活動の盛り上がり=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 インドやロシアでの経済開発セミナーでは21世紀のスマートシティーづくり部会の人気が高い。都市廃棄物、交通渋滞、低いエネルギー効率、呼吸器疾患を生む大気汚染などが緊急課題だからだ。

 しかも「解」の提供者として建設企業群というよりは有名情報企業が並ぶ。シェアライディング(相乗り)、自動走行、再生可能エネルギーを使いこなすスマートグリッド、スマートメーターを介した電力需給の個別調整などの総合的提示が役回りだからだ。

 アマゾンはその一つだ。実店舗企業の株価はアマゾンの新戦略公表のたびに下落する。個々人のスマホからの…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文693文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです