メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

期待のハードル 宇都宮市・岩上幸代(地方公務員・38歳)

 親の期待につい応えてしまうという20代女性の投書を、本欄で興味深く読みました。

 私もあなたと同じ一人っ子です。幼い頃からさまざまな習い事をさせてもらいましたが何一つ上達せず、学校の成績もイマイチ。奇跡的に志望校に合格し、就職は華やかな職場にあこがれて就活しましたが、ほぼ全滅。家から一番近い職場に運よく合格し、今に至ります。

 私には「親の期待に応えたい」という気持ちがあまりありません。というよりも、だいぶ前から親の方が私にあまり期待しなくなりました。まだ幼い頃は、大きな期待を寄せていたのでしょう。けれども私は期待通りに育ちませんでした。成長するにつれ、親はずいぶんがっかりさせられたに違いありません。その結果、親の期待のハードルはどんどん下がり、今では「とりあえず元気ならば良い」というところまできました。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  4. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  5. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです