メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る メガバンク就職者比率1位 白百合女子大

3大メガバンクへの就職者比率が高い大学

 大学生の就職先として不動の人気を誇るのが大手金融機関だ。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループの3大メガバンクへの就職者数が多い大学のベスト5は、慶大(300人)、早大(282人)、明大(163人)、関学大(162人)、法政大(149人)だ。

 だが、卒業生数に対する就職者比率を見ると様相が大きく変わる。上位10校中、一橋大、学習院大を除く8校が女子大だ。名門とされる大学が数多く顔を出す。トップの白百合女子大は、卒業生の約14人に1人が3大メガバンクに就職していることになる。

 かつては、男性行員の“お嫁さん候補”としての採用が多かったとされる女子大。女性活躍が叫ばれ、キャリ…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文639文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  5. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです