メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る メガバンク就職者比率1位 白百合女子大

3大メガバンクへの就職者比率が高い大学

 大学生の就職先として不動の人気を誇るのが大手金融機関だ。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループの3大メガバンクへの就職者数が多い大学のベスト5は、慶大(300人)、早大(282人)、明大(163人)、関学大(162人)、法政大(149人)だ。

 だが、卒業生数に対する就職者比率を見ると様相が大きく変わる。上位10校中、一橋大、学習院大を除く8校が女子大だ。名門とされる大学が数多く顔を出す。トップの白百合女子大は、卒業生の約14人に1人が3大メガバンクに就職していることになる。

 かつては、男性行員の“お嫁さん候補”としての採用が多かったとされる女子大。女性活躍が叫ばれ、キャリア支援も含めた面倒見の良さで注目される。この結果は、それを裏付けている。【大学センター長・中根正義】

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです