メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

番付発表 阿武咲、新小結

九州場所の番付発表で新小結昇進を喜ぶ阿武咲(左)と師匠の阿武松親方

 大相撲九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)の番付が30日、発表された。2場所ぶりに4横綱が初日にそろうかが注目される。新入幕から3場所連続10勝で敢闘賞2度の阿武咲が新小結に昇進。鹿児島・奄美大島出身の大奄美が新入幕を果たした。

 福岡市の阿武松部屋宿舎で記者会見した阿武咲は「小さい頃からの一つの目標であこがれだった。素直にうれしい」と喜びを語った。力強い押しを武器に5月の夏場所の新入幕から史上初の3場所連続2桁勝利を挙げた。21歳3カ月での新三役は平成以降初土俵の力士で6番目の若さ。昇進につながった自らの相撲について「一度幕下に落ちた時、師匠(元関脇・益荒雄の阿武松親方)から『一から頑張ればいい』と言われて、相撲を取る恐怖がなくなった」と分析した。

 師匠は初三役の小結に昇進した1987年の春場所で、2横綱、4大関を破る「益荒雄旋風」を起こした。九州場所は上位と総当たりになり、阿武咲は「本当に楽しみ。強い方と相撲を取るのはものすごく好き」と博多の土俵を盛り上げることを誓った。【吉見裕都】

この記事は有料記事です。

残り2173文字(全文2628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです