メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

番付発表 阿武咲、新小結

九州場所の番付発表で新小結昇進を喜ぶ阿武咲(左)と師匠の阿武松親方

 大相撲九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)の番付が30日、発表された。2場所ぶりに4横綱が初日にそろうかが注目される。新入幕から3場所連続10勝で敢闘賞2度の阿武咲が新小結に昇進。鹿児島・奄美大島出身の大奄美が新入幕を果たした。

 福岡市の阿武松部屋宿舎で記者会見した阿武咲は「小さい頃からの一つの目標であこがれだった。素直にうれしい」と喜びを語った。力強い押しを武器に5月の夏場所の新入幕から史上初の3場所連続2桁勝利を挙げた。21歳3カ月での新三役は平成以降初土俵の力士で6番目の若さ。昇進につながった自らの相撲について「一度幕下に落ちた時、師匠(元関脇・益荒雄の阿武松親方)から『一から頑張ればいい』と言われて、相撲を取る恐怖がなくなった」と分析した。

 師匠は初三役の小結に昇進した1987年の春場所で、2横綱、4大関を破る「益荒雄旋風」を起こした。九…

この記事は有料記事です。

残り2244文字(全文2628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです