鳥羽水族館

スイクチムシ3新種を発見 熊野灘沖で採取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
発見されたヒメヒトデスイクチムシ=鳥羽水族館提供
発見されたヒメヒトデスイクチムシ=鳥羽水族館提供

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は30日、ミミズと同じ環形動物の仲間である3種類のスイクチムシの新種を発見したと発表した。

 新種は、カンムリヒトデスイクチムシ▽ウデナガゴカクヒトデ同▽ヒメヒトデ同--で、いずれも熊野灘の沖合底引き網で採取した3種のヒトデの体内から見つかった。生息していたヒトデにあやかっ…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

あわせて読みたい

ニュース特集