政府

出国税19年度導入へ 1人1000円 日本人も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
お盆休みを海外で過ごす人たちでにぎわう国際線出発ロビー=関西国際空港で2017年8月10日、平川義之撮影
お盆休みを海外で過ごす人たちでにぎわう国際線出発ロビー=関西国際空港で2017年8月10日、平川義之撮影

 政府は日本を出国する旅行者らを対象に、「出国税」として1人あたり1000円を徴収する方向で調整に入った。航空運賃などに上乗せする。年末までにまとめる2018年度税制改正大綱に盛り込み、19年度からの実施を目指す。導入されれば、恒久的に徴収する国税としては1992年の地価税以来、27年ぶりの新税となる。

 訪日外国人旅行者のほか、旅行や出張で出国する日本人を含む全ての出国者が対象となる。16年の出国者数は訪日客約2400万人、日本人約1700万人の計約4100万人。1人1000円を徴収すれば、計約410億円の税収が見込まれ、観光庁の17年度予算(約210億円)の倍近い規模となる。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文839文字)

あわせて読みたい

注目の特集