メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

価格戦略

経費高騰で外食値上げ 大手スーパーは安さ勝負

値上げ傾向の外食と値下げ傾向の小売り

 消費者の節約志向が根強い中、小売りと外食産業で価格戦略の違いが鮮明になっている。外食では人件費や原材料費の高騰でメニュー値上げに踏み切る動きが広がる一方、大手スーパーは値下げが相次ぐ。顧客の財布と胃袋を巡る争奪戦は激しさを増している。【今村茜】

 「どこの店もじわりと価格が上がっている。10円の値上げでも痛い」。10月26日夜、東京都内の中華料理店「日高屋」を訪れた男性会社員(51)はため息をついた。日高屋を運営するハイデイ日高は9月から全系列店で15品目を値上げし、ギョーザ6個は210円から220円に、生ビールは310円から330円に。同社広報は「人件費や物流費、原材料費などの経費が上がり社内で吸収できなくなった」と説明する。

 総務省が27日発表した全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は9カ月連続で上昇。外食各社も値上げに踏み切る例が増えている。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです