メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

凍結項目絞り込みへ 大筋合意へ加速 会合始まる

TPP11の会合であいさつする尾池厚之首席交渉官代理(中央)=千葉県浦安市で2017年10月30日午後2時38分、浜中慎哉撮影

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国の事務方トップによる首席交渉官会合が30日、千葉県浦安市で始まった。3日間の日程で、米国を含めた12カ国で合意した内容のうち、米国離脱を受けて凍結する項目の絞り込みを進める。日本は11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた大筋合意を目指しており、APEC前最後の事務レベル交渉となる今回の会合で合意への道筋をつけたい考えだ。

 初日の会合では、知的財産など三つの作業部会に分かれて各国の要望や考え方を整理した。作業部会座長の尾…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです