世界気象機関

CO2濃度過去最高更新 年間増加幅も最大

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 世界気象機関(WMO)は30日、地球温暖化をもたらす二酸化炭素(CO2)の2016年の世界平均濃度が、403.3ppm(ppmは100万分の1、体積比)で、過去最高を更新したと発表した。15年比での増加幅(3.3ppm)も過去最大となった。WMOは「これまで以上に抜本的な排出削減が必要だ」と指摘した。

 CO2は主要な温室効果ガスの一つ。世界平均濃度は、各地の観測結果を基に算定している。産業革命前(約278ppm)から一貫して増加が続いており、45%上回る水準となった。過去10年の増加ペースは年平均2.21ppm増と、こちらも近年上昇傾向にある。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文399文字)

あわせて読みたい

ニュース特集