メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユネスコ

世界の記憶に「朝鮮通信使」「上野三碑」登録

朝鮮国信使絵巻下巻=長崎県立対馬歴史民俗資料館提供

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は31日、重要な歴史文書などを認定する「世界の記憶」(世界記憶遺産)に、国内12都府県と韓国にある江戸時代の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」と、群馬県の古代石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」を登録することを決定したと明らかにした。第二次世界大戦中に「命のビザ」で多くのユダヤ人難民を救った岐阜県出身の外交官、杉原千畝に関する資料「杉原リスト」は見送られた。

 世界の記憶は、専門家でつくる国際諮問委員会が審査し、ユネスコのボコバ事務局長が登録の可否を最終決定した。日本関連は一昨年までに「山本作兵衛炭坑記録画・記録文書」「慶長遣欧使節関係資料」など5件が登録されており、これで7件になる。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです