メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

新旧の大劇場を擁する「オペラ座」の代名詞~パリ、オペラ座

旧オペラ座の正面

 なんて素晴らしい建物。あのなかに入ってみたい。

 建物を見てそんな誘惑にかられるオペラハウスのトップといえば、「パリ、オペラ座」だろう。花の都パリのど真ん中、「オペラ通り」の突き当たりにそびえる華麗な宮殿のような大建築が、それだ。人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台になった劇場でもある。

 正確にはこの建物は、ふたつある「パリ、オペラ座」のうちの古い方にあたる。なので一般には「旧オペラ座」とか、建築家であるシャルル・ガルニエの名前をとって「ガルニエ宮」Palais Garnierなどと呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り6349文字(全文6604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです