メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

困窮者

寄り添って 公的手続きや就労支援 松本靖子さん、NPO設立し多摩地域で活動 /東京

職を失い、路上生活をしていた男性(写真右)を支援している松本さん=多摩市で

 多摩地域の住宅難民や困窮者を支えようと、多摩市の松本靖子さん(36)が、NPO法人「シェア・マインド」を設立した。建設会社員時代に職を失い、行き場をなくす労働者らを間近に見たことをきっかけに「困っている人が安心して生活できるように支えたい」と取り組んでいる。【蒔田備憲】

 「この1週間、何食べた? ちゃんと野菜も食べていますか」

 松本さんはこの夏、支援をしている男性(39)と多摩市の京王永山駅で待ち合わせた。世間話をしながら、近況を聞く。その後、掃除機や食器の買い物に付き添った。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです