困窮者

寄り添って 公的手続きや就労支援 松本靖子さん、NPO設立し多摩地域で活動 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
職を失い、路上生活をしていた男性(写真右)を支援している松本さん=多摩市で
職を失い、路上生活をしていた男性(写真右)を支援している松本さん=多摩市で

松本靖子さん(36)

 多摩地域の住宅難民や困窮者を支えようと、多摩市の松本靖子さん(36)が、NPO法人「シェア・マインド」を設立した。建設会社員時代に職を失い、行き場をなくす労働者らを間近に見たことをきっかけに「困っている人が安心して生活できるように支えたい」と取り組んでいる。【蒔田備憲】

 「この1週間、何食べた? ちゃんと野菜も食べていますか」

 松本さんはこの夏、支援をしている男性(39)と多摩市の京王永山駅で待ち合わせた。世間話をしながら、近況を聞く。その後、掃除機や食器の買い物に付き添った。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文982文字)

あわせて読みたい

注目の特集