メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の記憶

杉原リスト、登録見送り 関係者ら困惑や失望 再挑戦に決意新た 人道精神継承へ 八百津町 /岐阜

世界記憶遺産への登録が見送られ、撤去される「杉原リスト」の懸垂幕=県庁で

 「命のビザ」で多くのユダヤ人難民を救った外交官、杉原千畝の資料「杉原リスト」は、ユネスコ「世界の記憶」(世界記憶遺産)への登録が見送られた。リストを申請した八百津町の関係者らの間には「なぜ?」と困惑や失望が広がった。一方、杉原の顕彰活動に長年取り組んできた町関係者は登録への再挑戦に期待の声を上げるとともに、杉原の人道精神の継承に向け決意を新たにした。【小林哲夫】

 杉原の母の生家がある八百津町。町は杉原の人道精神を広く伝えようと1992年、「人道の丘公園」を整備…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです