メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹生山神宮寺

仁王門400年ぶり建て替え 像も修復 2年後に落慶法要 多気 /三重

郷土ゆかりの篤志家の寄進で再建される丹生山神宮寺の仁王門

 丹生大師で知られる多気町丹生の丹生山神宮寺(岡本祐範住職)の仁王門が、寛永年間の再建以来約400年ぶりに建て替えられる。篤志家の寄進を受け、丹生大師山門修復実行委員会(川原平生会長、88人)が計画を進めている。11月初めに建物の調査を進めながら解体、2年後の秋季大祭に合わせて落慶法要を営む予定だ。仁王像など4体の修復も行う。【橋本明】

 多気町指定文化財の仁王門は高さ約15メートルで、4本の柱に2つの門がある「三間二戸」の楼門。入り母…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです