メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹生山神宮寺

仁王門400年ぶり建て替え 像も修復 2年後に落慶法要 多気 /三重

郷土ゆかりの篤志家の寄進で再建される丹生山神宮寺の仁王門

 丹生大師で知られる多気町丹生の丹生山神宮寺(岡本祐範住職)の仁王門が、寛永年間の再建以来約400年ぶりに建て替えられる。篤志家の寄進を受け、丹生大師山門修復実行委員会(川原平生会長、88人)が計画を進めている。11月初めに建物の調査を進めながら解体、2年後の秋季大祭に合わせて落慶法要を営む予定だ。仁王像など4体の修復も行う。【橋本明】

 多気町指定文化財の仁王門は高さ約15メートルで、4本の柱に2つの門がある「三間二戸」の楼門。入り母…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文805文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]