メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒塚古墳

圧巻!神獣鏡33面 出土品150点一堂に 橿原・橿考研博物館 /奈良

黒塚古墳で出土した三角縁神獣鏡33枚が並ぶ会場=奈良県橿原市畝傍町の橿原考古学研究所付属博物館で、矢追健介撮影

 天理市の黒塚古墳(3世紀後半~4世紀初め)で三角縁神獣鏡33面が出土した世紀の発見から今年で20年。その節目に合わせ、鏡や武器類などの出土品150点余りを一堂に紹介する特別展「黒塚古墳のすべて」が、橿原市畝傍町の橿原考古学研究所(橿考研)付属博物館で開かれている。26日まで。

 黒塚古墳の調査は橿考研などが1997~98年に実施。地震で崩れて盗掘を免れた石室から、「邪馬台国の卑弥呼が中国の魏からもらった100枚の鏡」との説もある三角縁神獣鏡33面、画文帯神獣鏡1面、よろいかぶとや刀剣、矢じりなどが見つかった。

 三角縁神獣鏡は木棺の外を囲むように置かれていたが、全国で500枚以上見つかっているため、木棺の遺体…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです