メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県大会 花園へ熱戦開幕 星林、那賀、田辺が初戦突破 /和歌山

【星林-田辺工】前半18分、星林・山口(中央)がトライをる=和歌山市の紀三井寺公園補助競技場で、木原真希撮影

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)の県大会が31日、和歌山市の紀三井寺公園補助競技場で開幕した。1回戦3試合があり、星林、那賀、田辺が初戦を突破。5日の準々決勝で星林は和歌山工と、那賀は熊野と、田辺は近大和歌山とそれぞれ対戦。新翔-和歌山北戦もある。決勝は19日午後1時5分から同公園陸上競技場で行われる。優勝校は12月27日に開幕する全国大会に出場する。【木原真希】

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです