石木ダム訴訟

来月5日に県職員、治水面で証人尋問 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダム事業で、反対地権者らが国を相手取って事業認定の取り消しを求めた訴訟の第9回口頭弁論が31日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)であった。争点になっている治水面に関して、川棚川水系の河川整備の基本方針を策定した県の責任者1人を次回期日の12月5日に証人尋問することが決ま…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

注目の特集