心不全

「末期」は誤解/予防可能 学会が定義公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 心臓の機能に障害が起き、体にさまざまな症状が出る病気「心不全」について、日本循環器学会と日本心不全学会は31日、医学的な意味を一般向けにまとめた定義を公表した。心不全は訃報記事などで死因として書かれることが多く、人間の最期を表すような末期の病気だと誤解される場合が少なくない。実際は予防や症状の改善が可能であり、正確な意味を広く伝えていきたいとしている。

 両学会は心不全を「心臓が悪いために息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり生命を縮める病気」と定義した。高血圧や心筋梗塞(こうそく)、不整脈などの病気によって引き起こされる。国内の患者数は推計年間100万人。発症後は完治しないため、治療や生活習慣の見直しで心機能を維持し悪化を防ぐことが重要になる。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文462文字)

あわせて読みたい

注目の特集