シリア和平協議

捕虜交換議題に ロシア主導

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアが主導するシリア和平協議が30、31の両日、カザフスタンの首都アスタナで開かれた。今年1月に始まった協議は今回で7回目。タス通信によると、今回の協議では、捕虜の交換や死者の遺体の引き渡し、行方不明者の捜索などがテーマとなった。ロシアは、過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

あわせて読みたい

ニュース特集