メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア和平協議

捕虜交換議題に ロシア主導

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアが主導するシリア和平協議が30、31の両日、カザフスタンの首都アスタナで開かれた。今年1月に始まった協議は今回で7回目。タス通信によると、今回の協議では、捕虜の交換や死者の遺体の引き渡し、行方不明者の捜索などがテーマとなった。ロシアは、過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです