兵庫県立こども病院

障害者への不妊手術称賛? 移転記念誌「掲載しただけ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 兵庫県立こども病院(神戸市)が昨年発行した「病院移転記念誌」に、かつて実施されていた精神障害者や知的障害者への強制不妊手術を称賛するような記述があったことが分かった。全国45以上の障害者団体や市民グループが1日、病院や県に抗議文を提出する。

 問題の記述は小川恭一名誉院長の寄稿で、1970年の病院設立当初を振り返った部分。当時の金井元彦知事が「子供に障害が起…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集