メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺伝子

ゲノム編集で改良のイネ収穫

野外で初栽培されたゲノム編集イネの収穫=茨城県つくば市で

 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)は31日、遺伝子を効率よく改変できる新技術「ゲノム編集」で改良したイネの収穫作業を公開した。ゲノム編集作物の野外栽培は国内初で、ジャポニカ米の「日本晴」など6品種を収穫し、育ち具合やもみの数、米粒の大きさなどを分析。2021年度末をめどに収量の多い、適した品種を絞り込む。【大場あい】

 同機構は14年、既存の品種より収量が2割程度多い品種開発を目指し、ゲノム編集技術による品種改良に着…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文448文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]