メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺伝子

ゲノム編集で改良のイネ収穫

野外で初栽培されたゲノム編集イネの収穫=茨城県つくば市で

 農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)は31日、遺伝子を効率よく改変できる新技術「ゲノム編集」で改良したイネの収穫作業を公開した。ゲノム編集作物の野外栽培は国内初で、ジャポニカ米の「日本晴」など6品種を収穫し、育ち具合やもみの数、米粒の大きさなどを分析。2021年度末をめどに収量の多い、適した品種を絞り込む。【大場あい】

 同機構は14年、既存の品種より収量が2割程度多い品種開発を目指し、ゲノム編集技術による品種改良に着手した。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです