メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新東名

最高速度110キロ試行スタート 新静岡-森掛川

最高速度の表示が110キロに引き上げられた標識。左の標識は大型貨物車などは80キロ規制であることを示している=静岡県島田市の新東名島田金谷IC付近で2017年11月1日午前10時4分、大谷和佳子撮影

 新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)-森掛川ICの50キロ区間で1日、最高速度110キロへの試験的引き上げが始まった。少なくとも1年の試行期間で事故の発生状況などを検証し、110キロ区間の延長や120キロへの引き上げも検討される。最高速度が100キロ超に引き上げられたのは、1963年に高速道路が開通して初めて。

 この日、静岡県警高速隊らによる交通指導取り締まり出発式が行われ、午前10時に上下線に設置されている速度標識が「110」に切り替わった。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです