立憲民主党

「統一地方選でも独自候補」赤松議員

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する立憲民主の赤松広隆衆院議員=名古屋市役所で2017年10月31日午前10時11分、三上剛輝撮影
記者会見する立憲民主の赤松広隆衆院議員=名古屋市役所で2017年10月31日午前10時11分、三上剛輝撮影

 立憲民主党の赤松広隆衆院議員は31日、名古屋市内で記者会見し、2019年の統一地方選など、愛知県内である地方選で党の公認候補を積極的に擁立していく考えを示した。

 赤松氏は「地方議員がいない政党は必ずなくなる」と述べ、県内で定数4、5人以上の選挙区には、かつて「仲間」だった民進候補がいるかどうかにかかわらず、公認候補を出す方針。一方で「民進や希望と仲が悪いわけではない」とし、選挙後に「ふわっとした統一会派」を組む…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

あわせて読みたい

注目の特集