民進党

新代表に大塚氏 幹事長や国対委員長は不在

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党両院議員総会で代表就任が承認されあいさつする大塚耕平氏=東京都千代田区の党本部で2017年10月31日午後3時3分、川田雅浩撮影
民進党両院議員総会で代表就任が承認されあいさつする大塚耕平氏=東京都千代田区の党本部で2017年10月31日午後3時3分、川田雅浩撮影

 民進党は31日、党本部で両院議員総会を開き、代表を辞任した前原誠司氏の後任に大塚耕平政調会長代理(58)を無投票で選出した。大塚氏は総会で、次期衆院選で立憲民主党、希望の党、民進党を中心に政権交代を実現する決意を示し、「そこからの逆算で党勢を立て直す。再来年の統一地方選、参院選に向けて、地方組織のあり方を含め早急に具体的な対策を始めたい」と述べた。

 大塚氏は日銀職員を経て2001年参院選で初当選し、現在3期目。旧民主党政権で副内閣相、副厚生労働相などを務めた政策通だが、党の要職の経験はない。民進党代表の任期は来年9月末まで。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文767文字)

あわせて読みたい

注目の特集