メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

新代表に大塚氏 幹事長や国対委員長は不在

民進党両院議員総会で代表就任が承認されあいさつする大塚耕平氏=東京都千代田区の党本部で2017年10月31日午後3時3分、川田雅浩撮影

 民進党は31日、党本部で両院議員総会を開き、代表を辞任した前原誠司氏の後任に大塚耕平政調会長代理(58)を無投票で選出した。大塚氏は総会で、次期衆院選で立憲民主党、希望の党、民進党を中心に政権交代を実現する決意を示し、「そこからの逆算で党勢を立て直す。再来年の統一地方選、参院選に向けて、地方組織のあり方を含め早急に具体的な対策を始めたい」と述べた。

     大塚氏は日銀職員を経て2001年参院選で初当選し、現在3期目。旧民主党政権で副内閣相、副厚生労働相などを務めた政策通だが、党の要職の経験はない。民進党代表の任期は来年9月末まで。

     大塚氏は総会後の記者会見で、幹事長などの人事について「これから党内で相談する。今はまったくの白紙だ」と述べた。11月1日召集の特別国会には幹事長や国対委員長が不在のまま臨むことになる。

     今回の代表選では、前原氏や細野豪志元環境相(現希望の党)に近い保守系参院議員が大塚氏を支持した。リベラル系の参院議員には「大塚氏が代表になれば民進党を分党するのではないか」という警戒感があり、蓮舫元代表の擁立を目指したが、民進党関係者によると、大塚氏が「分党はしない」と約束したため、蓮舫氏は立候補を見送った。会見で「分党論者か」と問われた大塚氏は「そういう考えを持っているわけではない」と否定した。

     民進党籍を持ちながら無所属で当選した岡田克也元代表ら衆院側との関係については明言を避けた。立憲民主党や希望の党との連携も容易ではなく、大塚氏は「すぐにまた合併・再編が行われることはない」と述べ、まずは各党との信頼関係を構築すると強調した。

     憲法に自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の改憲案に関しては「自衛隊は合憲という認識だ。憲法に書くことで何が変わるかを聞いてみたい」と述べるにとどめた。【真野敏幸、樋口淳也】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
    2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
    3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
    4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
    5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです