メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマダ電機

EVに参入 「21世紀の家電」と位置づけ

 家電量販最大手のヤマダ電機は31日、電気自動車(EV)を開発するベンチャー企業「FOMM(フォム)」(川崎市)と資本・業務提携したと発表した。ヤマダはEVを「21世紀の新たな家電」と位置づけ、2020年にも低価格の小型EVなどを発売することを目指す。テレビなどの従来の家電量販やスマートハウス事業などとの相乗効果を狙っている。

 ガソリン車に比べて部品点数が少なく、開発・製造しやすいEVには、英大手掃除機メーカー、英ダイソンなど異業種が相次いで参入している。ヤマダを先駆けに小売事業者も加われば、これまでのクルマの概念を超えた新たな競争が加速しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです