メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア和平

捕虜交換など協議 ロシア主導で

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアが主導するシリア和平協議が30、31の両日、カザフスタンの首都アスタナで開かれた。今年1月に始まった協議は今回で7回目。タス通信によると、今回の協議では、捕虜の交換や死者の遺体の引き渡し、行方不明者の捜索などがテーマとなった。ロシアは、過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅後を視野に入れ、正常化への道筋をつけ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです