メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カタルーニャ

前州首相、ベルギーで「招かれざる客」

 【ブリュッセル八田浩輔】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題を巡り、プチデモン前州首相が滞在するベルギーも国内に分離独立運動を抱える。このため、政府にとっては対応次第では国内に分裂をもたらしかねない「招かれざる客」だ。プチデモン氏は10月31日の記者会見で亡命を否定したが、ベルギーメディアでは、事情が変わって申請した場合でも実現性は低いとの論調が目立つ。

 「カタルーニャで政治的に脅かされている人はベルギーに亡命を申請できる。プチデモン氏も含まれる」。フランケン難民・移民担当閣外相は28日夜、公共放送VRT(オランダ語圏)のインタビューで、政治亡命を促すかのようなメッセージを発信した。ベルギー政府はこれまで内政不干渉の立場からスペイン政府に平和的な解決を求めてきた。外交問題に発展しかねない「失言」に、ベルギーのミシェル首相らは直ちに火消しに追われた…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです