メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家電リサイクル法違反

千葉の販売店に8年ぶり勧告

 環境省と経済産業省は31日、家電リサイクル法(小売業者の引き渡し義務)に違反したとして、家電製品販売店「電化ストアー野田屋」(千葉県浦安市)に適正処理を勧告した。同法違反での勧告は2009年以来8年ぶり。

     環境省によると、同店は12年10月~今年7月、家電を買った顧客からエアコン、テレビなどの廃家電906台を引き取る際、リサイクル料などの名目で1台当たり1000~2000円を受け取りながらメーカーには引き渡さず、中古品回収業者に横流しした。回収業者からはエアコン1台当たり2000円を受け取っていたが、テレビなどは逆に金を払って引き渡していた。

     両省が8月に立ち入り検査して発覚。同店は「回収業者が再利用すると聞いて渡したが、考えが甘かった」と説明したという。【五十嵐和大

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです