メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

稲垣喜代志さん84歳=出版社・風媒社を創業

名古屋からの文化、情報発信に尽力した「風媒社」創業者の稲垣喜代志さん=2010年10月ごろ撮影、風媒社提供

 名古屋市で出版社「風媒社」を創業し、社会問題の追及や文化の発信に尽力した同社元会長の稲垣喜代志(いながき・きよし)さんが28日、大動脈解離のため死去した。84歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、しのぶ会を開く。喪主は長男収(しゅう)さん。

 愛知県刈谷市生まれ。法政大卒業後、日本読書新聞の編集者を経て1963年、風媒社を創業。本を介して情報が風に乗って広がるようにとの願いを社名に込めた。反原発、反戦を貫き、建設反対運動が起きた長良川河口堰(ぜ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです