メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウイルス保管容疑 情報セキュリティー社員逮捕 京都府警

 ファイル共有ソフト「シェア」の利用者から情報を流出させるウイルスを業務用パソコンに保管したとして、京都府警サイバー犯罪対策課などは10月31日、情報セキュリティー会社「ディアイティ」社員、藤井雅展容疑者(43)=川崎市多摩区=を不正指令電磁的記録(ウイルス)保管容疑で逮捕した。藤井容疑者は顧客の依頼を受けてシェアに情報が流出していないか監視する事業部の責任者で、同課は、動機や被害について調べる。

     逮捕容疑は10月10日ごろ、東京都江東区の同社で業務用パソコン内にウイルスに感染させたファイルを保管し、シェア利用者がダウンロードできる状態にしたとされる。「保管したのは間違いないが、悪いこととは思わなかった」と否認しているという。

     同課によると、藤井容疑者は「写真集」「殺人」などのキーワードで検索できるウイルス感染済みの約1800の共有ファイルをシェア内に保存。利用者がこれにアクセスした場合、パソコンが感染し、シェアで公開していない個人情報や企業の顧客情報、業務メールなどが流出し、シェアで見られる仕組みになっていた。【中津川甫】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    3. どうすれば安全安心 夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を
    4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    5. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]