メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

狂言

野村萬斎演出・主演「鮎」 「楽しく深く、爽快に」

「鮎」を囲む野村萬斎(左端)と池澤夏樹(右端)=国立能楽堂で

 池澤夏樹作の新作狂言「鮎」が、12月22、23日の午後1時と同6時半に国立能楽堂(東京都渋谷区)で催される。演出、主演は野村萬斎。

 手取川でアユ釣りをする才助(石田幸雄)の前に泥まみれの男(萬斎)が現れる。才助は小吉と名乗る男を家に連れ帰り、アユを振る舞う。相手の将来を見通す力を持つ才助は、小吉を金沢の宿屋に紹介。小吉は出世し、宿屋の主人になる。

 海外の民話をもとにした池澤の短編小説を書き直した。池澤は萬斎の祖父、六世野村万蔵のファンで狂言に通…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです