メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の褒章

県内から1団体16人 /新潟

藍綬褒章を受章した、伊藤文弥さん=長岡市寺泊竹森で

 政府は秋の褒章受章者を発表した。発令は3日付。県内の受章者は1団体と16人。地域の公共利益に貢献した人に贈られる藍綬褒章には長岡市寺泊竹森、新潟県交通安全協会理事、伊藤文弥さん(75)ら9人が選ばれた。【後藤結有】

「事故なくしたい」 藍綬褒章 長岡の伊藤さん(75)

 伊藤さんは1973年、家業の建設会社に勤めるかたわら旧寺泊町(現長岡市)交通安全協会の役員に就任。それ以来44年にわたって交通安全活動に携わってきた。活動のきっかけは会社の部下の交通事故死。残された家族の悲しみに接し「一件でも悲惨な事故がなくなるように」との思いで続けてきたという。

 愚直な人柄が評価され、2005年に与板地区交通安全協会会長、06年には県交通安全協会理事に就任。職…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです