メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の褒章

県内から1団体16人 /新潟

藍綬褒章を受章した、伊藤文弥さん=長岡市寺泊竹森で

 政府は秋の褒章受章者を発表した。発令は3日付。県内の受章者は1団体と16人。地域の公共利益に貢献した人に贈られる藍綬褒章には長岡市寺泊竹森、新潟県交通安全協会理事、伊藤文弥さん(75)ら9人が選ばれた。【後藤結有】

「事故なくしたい」 藍綬褒章 長岡の伊藤さん(75)

 伊藤さんは1973年、家業の建設会社に勤めるかたわら旧寺泊町(現長岡市)交通安全協会の役員に就任。それ以来44年にわたって交通安全活動に携わってきた。活動のきっかけは会社の部下の交通事故死。残された家族の悲しみに接し「一件でも悲惨な事故がなくなるように」との思いで続けてきたという。

 愚直な人柄が評価され、2005年に与板地区交通安全協会会長、06年には県交通安全協会理事に就任。職…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文936文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]