メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海越え続く環境の道

グラウンドワーク三島の挑戦/上 バイカモでつながる14年の交流 日韓国際環境賞そろって受賞 /静岡

バイカモが育つ水田の草刈りをする日韓の学生=韓国・江華島で

本音で語り、向上図る 「日韓国際環境賞」そろって受賞

 三島市のNPO法人「グラウンドワーク三島(GW三島)」が9月18~23の6日間、公募に応じた大学生と高校生計15人を率いて韓国を訪問した。バイカモ保全を通じて14年交流を続ける「韓国ナショナルトラスト」と合同で環境保護活動を実践した。GW三島に同行し、国際環境交流の現場を見てきた。

 一つだけ細長く不整形な水田。周囲に雑草が生い茂り、水田横の斜面はつる草がはびこる。軍手に鎌を握った…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1072文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです