メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の褒章

県内から14人 受章者が喜びの声 /三重

長野政次さん

 秋の褒章が3日付で発令される。県内からは農産物加工や木製建具製造など農商工業分野で模範となる技術や功績を残した人や、各種団体の活動や公共の事務に尽力した人ら14人が選ばれた。内訳は黄綬褒章と藍綬褒章が各7人。受章者に喜びの声を聞いた。

 ◆黄綬褒章

「先輩らあっての自分」 長野木工代表・長野政次さん(64)

 「うれしいが、決して自分の力だけが認められたわけではない。先人や先輩らの技術があって今の自分が生かされている」

 伝統が脈々と受け継がれてきた木製建具の世界で半世紀近く、技能を磨いてきた。くぎを一切使わず、薄さ数…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1235文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]