メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の褒章

県内から14人 受章者が喜びの声 /三重

長野政次さん

 秋の褒章が3日付で発令される。県内からは農産物加工や木製建具製造など農商工業分野で模範となる技術や功績を残した人や、各種団体の活動や公共の事務に尽力した人ら14人が選ばれた。内訳は黄綬褒章と藍綬褒章が各7人。受章者に喜びの声を聞いた。

 ◆黄綬褒章

 「うれしいが、決して自分の力だけが認められたわけではない。先人や先輩らの技術があって今の自分が生かされている」

 伝統が脈々と受け継がれてきた木製建具の世界で半世紀近く、技能を磨いてきた。くぎを一切使わず、薄さ数ミリの木を組み上げる「組子細工」に秀でる。特に3本を組んで正三角形の模様を作る「三つ組手(くで)」では全国で指折りの評価を受ける。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです