メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ネット動画配信サービスの衝撃 映画界と共存の道を=勝田友巳(東京学芸部)

 映画「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」は、話題になった「フランシス・ハ」のノア・バームバック監督の最新作。アダム・サンドラーさんとダスティン・ホフマンさんが出演するほろ苦い家族のコメディーで、カンヌ国際映画祭のコンペティションにも出品--と聞けば映画ファンなら食指が動くだろう。この映画、その気になれば世界中どこでも、しかも24時間いつでも見られる。しかし、世界中どの映画館でも上映していない。米の動画配信サービス大手、ネットフリックスがインターネット上で独占配信しているのだ。

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです