メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

政局報道より公平さや政策を=三浦瑠麗・国際政治学者

 衆院選では政局が立て続けに起きた。それを追うのもメディアの仕事だが、時にメディアが公平さや政策の報道を犠牲にして政局を追ってしまうことがある。例を挙げて考えてみたい。

 山尾志桜里氏の週刊誌報道を巡って、産経新聞(ウェブ版)が9月7日、「保育園落ちた、日本死ね」の流行語大賞受賞に際し、山尾氏が「声を上げた名もないお母さんや女性の代表で受け取りたい」と語ったことを「幼子を抱えて自身が『週4回密会』(文春)という事態となった」と皮肉った。幼子を持つ母親が不倫疑惑を持たれることを批判したわけだが、日本社会における既婚子持ち女性への、男性に対するものとは異なるダブルスタンダードの感情をそのままなぞってしまった。そうした態度は公平とは言えない。これに関し、毎日新聞の…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文830文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです