特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

露政府系企業の干渉広範 IT3社が証言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン國枝すみれ】米IT大手のフェイスブック、ツイッター、グーグル3社の幹部が10月31日、米上院司法委員会の公聴会に出席し、ロシア政府によるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使った情報操作の疑惑について証言した。SNSでフェイク(偽)ニュースを拡散させることなどによる昨年の米大統領選へのロシアの干渉の疑いが、これまでの報告以上に広範囲だった可能性が明らかとなった。

 フェイスブック社は、ロシア政府が関与する企業「インターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)」が米国人を装うなどして開いたアカウントが、2015年1月から17年8月までに約8万件の政治的な投稿を約2900万人に提供したと明らかにした。これらの投稿はシェアされるなどして約1億2600万人に見られた可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1662文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集