メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

首席交渉官会合 「米抜き」協議、大詰め 原産地規則持ち越し

TPP交渉の現状

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国が千葉県浦安市で開いた事務レベル会合は1日、3日間の日程を終えた。11カ国は8、9日にベトナム・ダナンで開かれる閣僚会合での大筋合意を目指しており、今回の会合で残された課題は閣僚レベルの政治判断にゆだねられる。米国のTPP離脱から9カ月余り。日本が初めて主導する多国間貿易協定「TPP11」は、紆余(うよ)曲折をたどりながら大詰めを迎えつつある。

 「議長国として裁定案を示してもよいか」。会合2日目の10月31日、議長を務める梅本和義首席交渉官は…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです