メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

1973年尊属殺人「違憲」最高裁判決 「親殺しは重罪」社会に問う

尊属殺人罪を違憲とした大法廷判決を報じる1973年4月4日の毎日新聞夕刊1面

 <くらしナビ おとなへステップ>

 親を敬うことは古くから道徳の基本と言われます。でも、そのことが法律に書かれ、重い罰(ばつ)まで用意されているとしたら、どうでしょうか。約50年前、ある事件がそんな問いを社会に投げかけました。

 1968年秋、関東地方の町での出来事です。「父を殺しました」。若い女性が警察に自首しました。女性は14歳(さい)の時から父親に性的虐(ぎゃく)待(たい)を受け続けていました。20代になり、勤務先で同(どう)僚(りょう)男性に求(きゅう)婚(こん)されました。恐(おそ)る恐る結(けっ)婚(こん)を切り出すと、父は「殺してやる」と暴れ、女性を10日以上家に閉(と)じ込(こ)めました。絶望した女性は、ひもで父の首を絞(し)め殺害したのです。

 女性は、父母の殺害に適用される「尊属殺人罪」(当時、刑(けい)法(ほう)200条)で起(き)訴(そ…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです