メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

太陽フレアの予測に挑む 通信障害などトラブル警戒「宇宙天気予報」

 通信障害や停電などのトラブルを引き起こす、太陽表面の爆発現象「フレア」。9月6日に大規模発生した際は、影響を予測する「宇宙天気予報」が活躍した。ただ発生を予測することは難しく課題も多い。太陽の「見張り役」となる宇宙天気予報の最前線を追った。【阿部周一】

 ●「本日は静穏なり」

 カラン、カラン……。東京都小金井市の情報通信研究機構・宇宙天気予報センター。午後2時半に呼び鈴が鳴ると職員が集まった。毎日開かれている「宇宙天気予報会議」だ。太陽で起こるフレア(爆発)の状況や、地球の地磁気への影響などについて「静穏」や「不安定」などと予報し、その結果を航空会社や電力会社、自治体など約1万件の提供先に無料配信している。

 予報の基になるのは、人工衛星が撮影した太陽表面の「コロナホール」と「黒点」の動きだ。太陽は直径約1…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです