メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

太陽フレアの予測に挑む 通信障害などトラブル警戒「宇宙天気予報」

 通信障害や停電などのトラブルを引き起こす、太陽表面の爆発現象「フレア」。9月6日に大規模発生した際は、影響を予測する「宇宙天気予報」が活躍した。ただ発生を予測することは難しく課題も多い。太陽の「見張り役」となる宇宙天気予報の最前線を追った。【阿部周一】

 ●「本日は静穏なり」

 カラン、カラン……。東京都小金井市の情報通信研究機構・宇宙天気予報センター。午後2時半に呼び鈴が鳴ると職員が集まった。毎日開かれている「宇宙天気予報会議」だ。太陽で起こるフレア(爆発)の状況や、地球の地磁気への影響などについて「静穏」や「不安定」などと予報し、その結果を航空会社や電力会社、自治体など約1万件の提供先に無料配信している。

 予報の基になるのは、人工衛星が撮影した太陽表面の「コロナホール」と「黒点」の動きだ。太陽は直径約1…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1734文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]