メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年平昌冬季五輪

聖火リレー、仁川でスタート

リレー出発を前に平昌五輪の聖火を手にする李洛淵首相(左)と劉永選手=ソウル郊外の仁川大橋で1日午後0時50分ごろ、米村耕一撮影

 【ソウル米村耕一】平昌五輪の聖火リレーが1日、ソウル郊外の仁川(インチョン)大橋でスタートした。韓国では1988年ソウル五輪以来約30年ぶりとなる聖火リレーには約7500人が参加。101日間かけて韓国全土2018キロを回り、開会式に合わせて韓国北東部の平昌に到着する予定だ。

 ギリシャで採火された聖火は1日に空路で…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです